クレジットカードを使って現金を引き出す方法があります

クレジットカードを使って現金を手にする方法と言えばキャッシング枠の利用です。
この上限額は契約者によって、カードの種類によって異なりますが、カードさえ持っていれば確実に現金を引き出すことが出来ます。
しかしキャッシング以外にもクレジットカードを用いれば、現金を手に入れることが出来るのです。
それがクレジットカードの現金化です。
これは何らかの商品をカードで購入し、それを売却するという方法です。
このようなやり方はカード会社の利用規約には抵触しますが、法律違反ではありません。
ただしカード会社に知られてしまうと利用停止になることがあるので、注意して行う必要があります。
しかしカード会社も利用者がこの仕組みを利用しないよう、何を購入しているかをチェックしています。
ですから新幹線の回数券や商品券、ブランド品、高級腕時計など換金率の高いものを一度に大量購入したり、頻繁に購入するのは避ける必要があります。
またキャッシング枠の上限まで現金を引き出している場合には、余計に注意が必要です。
そこで役に立つのが現金化業者と決済代行会社です。
現金化業者はカードの契約者に代わって購入する商品を指定します。
そして決済代行会社はカードの決済を請け負います。
このような業者や決済代行会社を利用すると、カードの購入履歴に具体的な商品名が残らないので安心です。
ただし10万円の商品を購入したからと言って現金10万円を手に入れることが出来るわけではありません。
そんなことをしていたら、業者も決済代行会社も経営して行けません。
ですから2~3万円ほどは手数料として引かれ、実際に手に入るのは7~8万円ほどです。
このような方法は急に現金が必要になった場合の手段です。
例え7~8万円という現金があっという間に用意されたとしても、それはあくまでも一時しのぎのものであり、実際には10万円の買い物をしたことを忘れずに、きちんと支払い計画を立てた上で利用することが大切です。

金策に困ったら⇒ネオギフト口コミ